省エネルギーにこだわった設計にしたエコ住宅

家創りをする際には出来るだけエネルギー効率に配慮したエコ住宅にしたいという考えがあり、設計内容に反映さえた部分がたくさんあります。

まず、昔から憧れていた太陽光発電設備を住宅の屋根部分に設置しました。

太陽光発電設備があるおかげで晴れている日は電気の使用量がかなり少なくなり、光熱費が安く済んでいます。

また、建物全体も断熱性能が高くなるような設計にしてもらっており、夏場も冬場も冷暖房をあまり使わなくても快適に過ごすことが出来るようになっています。

引越しをする前のアパートでは冬の朝の冷え込みは我慢できない程でしたが、新しく引越しをした注文住宅ではそれほど寒さも気にならなくなりました。

エコキュートも採用しており、設置費用はそれなりに高くなってしまいましたが、水道光熱費が毎月安くなるので、いずれは元が取れるだろうと感じています。

トイレも節水型の器具を採用しており、少ない水でしっかりと流すことが出来る仕様となっています。

エコ住宅にして意識が変わった

エコ住宅にしてから電気の使い方を意識するようになりました。

これまでは暑いときにはすぐにクーラーをつけて、寒いときには暖房をガンガンと使っていました。暑さ寒さを我慢できず、冷暖房の使用量が多かったのです。そのため、夏場や冬場は電気代が冷暖房を使わない春秋に比べて高くなっていました。

エコ住宅にしたのは、地球温暖化が問題視されていて少しでも環境に配慮したいという思いと、住み心地がよい家にしたかったからです。

断熱性の高い家にしたので、冬でも温かく、冷暖房の効率がよくなりました。そして、エコ住宅にしたという意識があるので、多少暑さ寒さが気になってもすぐに冷暖房を使うことがなくなりました。電気をたくさん使っていると二酸化炭素排泄量が多くなるという意識を持つようになり、環境に配慮した生活を送るようになってきたのです。

おかげで以前に比べれば電気代を抑えることができました。環境に配慮していて、電気代を抑えられて、一石二鳥です。

エコ住宅で快適な日常です

エコ住宅にしたことで、創エネルギーなど意識するようになり、やはり電気の無駄使いもなくなり、日常生活がとても快適になりました。太陽光発電を屋根に装着したことで、オール電化にして光熱費をだいぶ抑えることができるようになったし、断熱・機密性が高いエコ住宅は、実際に住んでみて良さがわかります。夏は涼しいし、冬は暖かい室内環境なので、かなり光熱費を抑えることができて節約になるし、快適な住み心地のマイホームは自宅に帰宅するとホッとする感覚が家族全員、一致しているのがわかります。余った電力を売ることができ、収入を得ることができるので、ランニングコストを抑えることができ、なかなか満足きます。エコ住宅にする時には住宅メーカーの方とじっくり相談しながらプランを提供してもらったので、理想のマイホームを手に入れることができたなぁと思っています。廊下とリビングの温度差がほぼないので、ヒートショックもなく高齢者にも優しい住まいです。

エコ住宅のマイホームは自慢になってます

エコ住宅にしたことで、友人などから色々と聞かれることが多くなり、けっこう我が家の自慢になっています。太陽光パネルを設置してから電気の使用量や設置費用などとの兼ね合いなど質問されることが多く、かなり節約になっているので助かっていると話しています。昼間の安い電気料金の時は電力会社の電気を使い、夜は蓄電を使うなど太陽光パネルで蓄エネルギーができるので、上手に使い分けるようにしています。オール電化にしているので、かなり太陽光パネルは活用していますし、余った電気は売ることができるので収入を得ることができます。最初の設置費用はかかりますが、元をとることは十分にできるし、かなり気に入っているエコ住宅です。室内も暖かいし床暖房を入れているので寒い日もヌクヌクと室内で過ごせるようになり、家の中が居心地よいのは嬉しいです。今までにないほどの住み心地のよさを実感しているので幸せな時間だなぁと感じるようになりました。

エコ住宅にすることをすすめる理由は

我が家はとにかくエコ住宅にこだわりました。エコにすることで電気代などがぐっと安くなるというメリットがあるからです。光熱費などは家に住む限り永遠に払わなければいけないお金ですよね。ですので、エコ住宅にお金をかけるのは将来的なことを考えたら絶対にお得だと思ったのです。

我が家は屋外側にアルミサッシ、室内側に断熱性、防露性に優れた樹脂サッシを採用しています。そのおかげか部屋は冬でも比較的暖かく、結露などが出来にくいので、家を傷めないためにも効果的です。もし、少しだけお金をかけられる余裕があるなら、エコ住宅のためにお金をかけるのが良いのではないかと思っています。確かに見た目が豪華になるものにお金をかけるのは、カッコイイ家だねと言ってもらえるかもしれません。ですが、実際に住んだときに、少しでも生活が楽になったり、メンテナンスが楽になるようなところ、最終的にはお得になるようなところにお金をかけることをおすすめします。

色々な組み合わせでお得なエコ住宅

エコ住宅は一戸建てを作る際にぜひ考えてみたいと思っていました。やはり最近の経済事情を考えると電気代などが安くすむのはとてもありがたいと思っていたので、工務店の人と色々相談をしました。エコ住宅は色々な組み合わせをして総合的に省エネを考えるのが重要とされており、初期費用などは高めですが将来的には電気代や光熱費も安くなるので、最初の一歩が大切だと思います。



エコ住宅で人気なのがオール家電システムと、高断熱高気密性、そして太陽光発電システムであり、これらは導入してみたいなと思っていました。オール家電システムにすることでガス代は少なくなりますし、高断熱高気密にすることでエアコンの効率を上げることができます。また太陽光発電システムによりある程度は電気を自前で賄えることになり、それぞれがしっかりと組み合わさって電気代や光熱費が安くなるのはとてもいいと思いました。実際にオール家電にしてみると色々と家事も快適になり、エアコンの効きもいいために快適な住環境になりました。

新時代の発想!エコ住宅の持つ力

マイホームを建てる際にもエコやリサイクルの視点を持つことが当たり前といえるのではないでしょうか。もはや、その取り組みを逸脱した住宅の評価自体が著しく低下することになるでしょう。本来、家というのは、家族全体がゆっくりとくつろげる場所でなければいけません。学校や職場でのストレスや緊張感から解放されることで、明日への活力が生まれます。エコやリサイクルを実現しながらも、「癒しの空間」の役割も求められます。私がマイホームに取り入れることにしたのが、木の温もりです。子供の頃から、自宅に帰った時にほのかに香る木の香りが大好きだったのです。私はマイホームの設計段階のうちから、地元の木材を使うことを依頼しました。木の香りに包まれた家は、子育てをするにもうってつけではないでしょうか。古き良き日本の伝統や文化が詰まった木材に触れることで、子供にも好影響が期待できます。黒板に見立てた壁紙は、子供の落書きで溢れています。

エコ住宅について自然風土を最大限に生かした内容

エコ住宅で注目されている状況としましては、地域の気候風土等を全て取り入れて有功活用して目指すべきポイントとしましては、光熱水量を全て0円にしてしまうと言う内容であります。立地条件をエコパワーが活かせる場所に建ててしまい、その土地柄のパワーを全てエコパワーとして住宅に取り入れると言う形です。エコ住宅にしますと、太陽光発電等で電力を自由に使えるメリットだけではなくて、断熱性や気密性を高めることで、夏に涼しく冬に暖かい住宅となります。夏にはエアコンを付ける頻度が減る形になりますので、それだけでも、経済的に大きく貢献してくれる形となります。それと相乗効果で太陽光パネルの電力量も左右される形となりますので、大幅に電力を減らし、暖房器具や、冷房器具を使用する頻度が減ると言う形にもなると思われます。またエコ住宅のもう一つの側面としましては、オール電化であることが挙げられると思います。夜の安い電力でガスにも回したりできますので、今非常に注目されております。

高齢者も落ち着く環境のエコ住宅です

高齢者の親が落ち着いた生活ができるようにエコ住宅を建設することにしました。やはり高齢者になるとお風呂場と脱衣所の温度差によって倒れるケースも増えると聞いていましたし、ヒートショックによっての負担が大きいと思っていたので、あまり気温差がないようなエコ住宅にすることで、安心した生活を送ることができると思い、色々と検討しました。気温差がないように廊下とリビング、和室など親が行動する1階部分は特に気温差が生じないように対策してもらいました。樹脂サッシを取り入れることで外気との気温差をなくし、暑い時期は涼しい環境で寒い時は暖かい家の中になるので、とても心地よい環境になります。寒いとどうしても前屈みになるので転倒しやすくなるなど、色々とトラブルも出やすいですが、こうしたエコ住宅にしたことでだいぶ改善することができ、高齢者の親もエコ住宅にしたことで、朝起きる時もスムーズにできるし、無理ない生活ができると喜んでいます。

エコ住宅にしたことで部屋が明るい!

エコ住宅にしたことで、部屋の中がとても明るくなりました。太陽光パネルを設置しているので、蓄エネルギーも十分確保していますし、夜遅くまで起きている子供達も受験勉強で電気の利用は常にあるので、太陽光パネルを設置したことで、だいぶ電気料金を抑えることができ家計は助かっています。エコ住宅にしたことで、部屋の電気やクーラー、空気清浄機なども含め、オール電化で生活していると、子供達が留守番している時など調理をする際にIH調理ができるのは安心です。なので、様々な部分で蓄エネルギーを活用し、そして余った電力は売ることができるので、定期的に売って収入を得るようにしています。創エネルギーについて自宅で学ぶことができ、電気は創ることができることを学ぶきっかけになったので、とても家族で話すようになりました。子供達もエネルギーも活用、省エネルギーなど電気の無駄使いをしなくなり、目で見るエネルギー化は重要なことだと実感しています。