エコ住宅にして意識が変わった

エコ住宅にしてから電気の使い方を意識するようになりました。

これまでは暑いときにはすぐにクーラーをつけて、寒いときには暖房をガンガンと使っていました。暑さ寒さを我慢できず、冷暖房の使用量が多かったのです。そのため、夏場や冬場は電気代が冷暖房を使わない春秋に比べて高くなっていました。

エコ住宅にしたのは、地球温暖化が問題視されていて少しでも環境に配慮したいという思いと、住み心地がよい家にしたかったからです。

断熱性の高い家にしたので、冬でも温かく、冷暖房の効率がよくなりました。そして、エコ住宅にしたという意識があるので、多少暑さ寒さが気になってもすぐに冷暖房を使うことがなくなりました。電気をたくさん使っていると二酸化炭素排泄量が多くなるという意識を持つようになり、環境に配慮した生活を送るようになってきたのです。

おかげで以前に比べれば電気代を抑えることができました。環境に配慮していて、電気代を抑えられて、一石二鳥です。