高齢者も落ち着く環境のエコ住宅です

高齢者の親が落ち着いた生活ができるようにエコ住宅を建設することにしました。やはり高齢者になるとお風呂場と脱衣所の温度差によって倒れるケースも増えると聞いていましたし、ヒートショックによっての負担が大きいと思っていたので、あまり気温差がないようなエコ住宅にすることで、安心した生活を送ることができると思い、色々と検討しました。気温差がないように廊下とリビング、和室など親が行動する1階部分は特に気温差が生じないように対策してもらいました。樹脂サッシを取り入れることで外気との気温差をなくし、暑い時期は涼しい環境で寒い時は暖かい家の中になるので、とても心地よい環境になります。寒いとどうしても前屈みになるので転倒しやすくなるなど、色々とトラブルも出やすいですが、こうしたエコ住宅にしたことでだいぶ改善することができ、高齢者の親もエコ住宅にしたことで、朝起きる時もスムーズにできるし、無理ない生活ができると喜んでいます。