新築の一戸建ての住宅はエクステリアも

新築の一戸建ての住宅や家を建てようとするときは、住むための住居があって大抵はその周りには屋敷、又は敷地で覆われています。 団地内の集合住宅なら敷地や地面が無いので仕方ないにしても、これから屋敷内に新築の一戸建てを建築する時は、其の家の周りのことも考慮に入れて建てようとするのが一般的です。

この家の周りのことを外構といい、それらの工事や手入れのことを外溝工事といいますが、これをシャレた英語で現したのが「エクステリア」と言われるものです。 家の境目である門やフェンスというのは境界線の意味ばかりでなく、防犯や空き巣、盗難の予防にもなりますし、又、雑草だらけの家よりは花々が咲き競う見た目も美しい庭のほうが周囲の人を和ませますし、其の家の住む人の人柄までも伝わってしまいます。

特に最近では敷地内に植込みや花壇などの庭造りが盛んなようですが、ことをガーデニングとも言っていますが、此れも広義の意味で「エクステリアとも言われているようです。 「エクステリア」とは元々は、家の回りの全ての事を含みますし、家の中のインテリアに対して使われる言葉ですが、家の中も綺麗にしておくのは大切ですが、外から見えるエクステリアも住む人の気持ちとしても重要になってきます。